住宅地の中にある地味な駅

鳥羽中

とばなか Tobanaka
鳥羽中駅
▲鳥羽中駅《2011年7月18日撮影》

 

鳥羽中駅ホーム
【写真1】鳥羽中駅ホーム。《2011年7月18日撮影》

神明を出た福武線は、しばらく直線を進んだのち、住宅地の中を右にカーブすると、ほどなく鳥羽中に到着します。

片面ホーム1面1線のみの無人駅です。ホームと駅前の間を仕切るようにプレハブの壁が設けられており、その点ではサンドーム西に似ていますが待合室などはなく、本当にホームのみです。なお、駅前の先は行き止まりで、パークアンドライド用の駐車場として利用されています。

駅周辺には住宅と工場が混在しています。

停車列車 [2016年4月現在]

普通のみが停車します。

駅名の由来

確認中。

歴史

福武電気鉄道以来の駅です。

1924年2月23日
福武電気鉄道によって兵営(現、神明)-福井新(現、赤十字前)間が開業、この時点では駅未設置。
1935年7月1日
鳥羽中駅開業。
1945年8月1日
福武電気鉄道が鯖浦電気鉄道と合併して福井鉄道となり、福井鉄道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ