無人の駅舎はがらんどうに

岩舟

いわふね Iwafune
岩舟駅
▲岩舟駅駅舎《2014年4月7日撮影》

貨物ホームの名残が

岩舟駅ホーム
【写真1】岩舟駅ホーム。《2014年4月7日撮影》

建築用石材の産出で名高い岩舟の玄関口である岩舟駅は、2面3線の国鉄型配線を残しており、今でも中線にあたる部分が時折使われています。かつてはここから岩舟石の搬出がなされており、その名残の貨物ホーム跡が確認できます。人車軌道を敷設してまで搬出した石材ですが、現在は自動車輸送に完全に切り替わっています。

無人駅ながら駅舎はきれい

岩舟駅駅舎内
【写真2】岩舟駅駅舎内。《2014年4月7日撮影》

駅は無人化されています。木造駅舎がきれいな状態で使われていますが、古いものを改修したのか、新しいものを建て直したのかは定かではありません。

乗り場

北側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

  • 1.両毛線上り 栃木、小山方面
  • 2.両毛線下り 桐生、新前橋方面
  • 3.両毛線下り 桐生、新前橋方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1889年10月10日
両毛鉄道の栃木(当時は大平下駅未開業)-佐野間に、岩船駅開業。
1897年1月1日
両毛鉄道が日本鉄道に譲渡され、同社の駅となります。
1902年3月1日
駅名を「岩舟」に変更。
1906年11月1日
日本鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
1969年9月30日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ