木造駅舎の残る地味な駅

山前

やままえ Yamamae
山前駅
▲山前駅駅舎《2008年4月5日撮影》

STATION PROFILE

2面3線の古典的な配線

山前駅駅舎内
【写真1】山前駅駅舎内。《2008年4月5日撮影》

足利の先で、両毛線は渡良瀬川左岸の段丘上を走って行きます。北関東自動車道をアンダークロスすると、ほどなく山前駅に到着します。

2面3線から成る地平駅で、駅本屋と島式ホームの間は跨線橋で連絡しています。駅舎は木造平屋建て板張りのもので、屋根が葺き替えなどされているものの、暖かい雰囲気が残ります。

駅の位置はやや中途半端

山前駅ホーム
【写真2】山前駅ホーム。《2008年4月5日撮影》

駅周辺の民家はかなり多いのですが、駅の位置が中途半端なこともあり、駅の利用にはあまり結びついていないようです。比較的近いところに足利工業大学があるものの、これも1.5km程度の距離があり、直接の利用にはつながっていないものと思われます。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1897年4月1日】 日本鉄道の足利-小俣間に、山前駅開業。
  • 【1906年11月1日】 日本鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
  • 【1961年8月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月18日

このページの先頭へ