東横線と日比谷線が接続

中目黒

なかめぐろ Nakameguro
中目黒駅
▲中目黒駅《2003年5月18日撮影》

相互直通運転は終了

中目黒駅ホーム
【写真1】中目黒駅ホーム。《2013年11月1日撮影》

特急停車駅。島式ホーム2面4線から成る高架駅で、東京地下鉄日比谷線との乗換駅でもあります。かつては東横線と日比谷線は相互直通運転を行っていましたが、東横線が副都心線と相互乗り入れを開始して以降は相互直通運転は終了となり、中目黒での乗り換えが必要となりました。

駅の東側には山手通りが走り、オフィスビルが多く建ち並んでいます。

停車列車 [2017年5月現在]

特急以下の各列車が停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1.東横線下り 自由が丘、横浜方面
  • 2.下車専用(日比谷線当駅止まり)
  • 3.東京地下鉄日比谷線 日比谷、北千住方面
  • 4.東横線上り 渋谷方面

駅名の由来

確認中。

歴史

東京横浜電鉄開通当時からの高架駅。開業以来相対式ホーム2面2線の駅でしたが、1964年7月22日に地下鉄日比谷線が乗り入れた際に島式ホーム2面4線となったほか横浜方に折り返し線が設置され、雰囲気が大きく変わりました。

1927年8月28日
東京横浜電鉄の渋谷-丸子多摩川(現、多摩川)間開通に伴い、中目黒駅開業。
1964年7月22日
帝都高速度交通営団(現、東京地下鉄)日比谷線恵比寿-中目黒間が開通、東急中目黒駅に乗り入れ。
1964年8月29日
東横線と営団日比谷線の相互直通運転開始。
2013年3月15日
東横線と東京地下鉄副都心線との相互直通運転開始に伴い、この日かぎりで東横線と営団日比谷線の相互直通運転終了[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 東急プレスリリース「3月16日(土)に東横線のダイヤを改正します」[PDF] (2013年1月22日)。

このページの先頭へ