古くからの立体交差駅

自由が丘

じゆうがおか
Jiyugaoka
自由が丘駅
▲自由が丘駅駅舎《2003年5月18日撮影》

東横線と大井町線との乗換駅。東横線は大井町線の上をオーバークロスしており、島式の2面4線で、特急が停車する。大井町線は平地上に対向式ホームがあり、大井町方面ホームは改札口から階段の昇降なしでアクセスできる。1階部分が共用コンコースとなっており、飲食店などの商店が改札内に軒を連ねている。

駅前にもさまざまなショッピングスポットがあり、買い物客でにぎわっている。駅名は、北西に位置する私立学校・自由ヶ丘学園に由来する。

停車列車 [2013年10月現在]

東横線

特急以下全列車が停車します。

大井町線

急行が停車します。

乗り場

1階(地平)が大井町線、2階(高架)が東横線です。

駅名の由来

確認中。

歴史

東京横浜電鉄(現在の東横線)が開通した時からの駅で、当時は「久品仏」と称していました。1929年11月1日、目黒蒲田電鉄が二子玉川から開通した際に「自由ヶ丘」と称し、これに応じる形で東横側の駅も同年10月22日に「自由ヶ丘」と改称。1966年1月20日に現在の駅名表記に変更されました。

周辺の見どころ

確認中。

【東横線】 渋谷代官山中目黒祐天寺学芸大学都立大学自由が丘田園調布多摩川新丸子武蔵小杉元住吉日吉綱島大倉山菊名妙蓮寺白楽東白楽反町横浜

【大井町線】 大井町下神明戸越公園中延荏原町旗の台北千束大岡山緑が丘自由が丘九品仏尾山台等々力上野毛二子玉川

2004年9月5日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲