高架下コンコースが南北を結ぶ

水無瀬

みなせ
Minase
水無瀬駅
▲水無瀬駅北出口《2008年7月6日撮影》
水無瀬駅南出口
【写真1】水無瀬駅南出口。《2008年7月6日撮影》

上牧の手前で阪急京都線は東海道新幹線と平行に走り、続いて阪急有数の難読駅である水無瀬に到着します。

相対式ホーム2面2線から成る高架駅です。島本町の玄関口として機能しています。

コンコースは、阪急および東海道新幹線の高架下となっており、南西側、北東側のいずれにも出ることができます。ゆったりしたスペースですが、歩行者専用となっているため、乗降客には利用しやすくなっており、その両側に別個の駅前広場が整備されています。

駅の周辺は住宅地となっているほか、駅の東側(淀川側)には日立金属の工場が立地しています。JR東海道本線の島本駅が開業したため、利用者がある程度転移したものと思われます。

停車列車 [2013年12月現在]

準急および普通のみが停車します。

乗り場

号線表示はありません。

駅名の由来

水無瀬川の名称は『万葉集』にも見られる由緒あるもので、これが地名のもとになっています。天王山からの湧水が多い一帯に「水無」とは不思議ですが、水がただちに地中へ染みこんでしまうために「水無」瀬となったという説、あるいは水が豊富な「皆瀬」が転じて「水無瀬」になったという説などがありますが、確証はないようです。

歴史

京阪電気鉄道合併後に設置された駅です。

周辺の見どころ

桜井ノ駅跡

駅から北西へ、徒歩6分。JR西日本-東海道本線:島本を参照のこと。

水無瀬神宮

駅から北へ、徒歩8分。コメント準備中。

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

2008年8月10日

▲ このページの先頭へ ▲