阪急京都線の中核駅

高槻市

たかつきし
Takatsukishi
高槻市駅
▲高槻市駅外観《2007年9月17日撮影》
高槻市駅ホーム
【写真1】高槻市駅ホーム。《2007年9月17日撮影》

阪急京都線における中核駅で、通勤特急を含むすべての列車が停車します。

島式ホーム2面4線から成る高架駅で、ホームが3階、コンコースと改札が2階に設けられています。駅の規模が大きい割にホーム幅はあまり広くはなく、また改札も1個所のみとなっています。

大阪方面からの普通列車は多くがここ高槻市止まりとなります。

駅の近くには大阪医科大学および同附属病院があるほか、商店街が形成されています。もっとも、JR高槻駅に比べて商業施設の規模は概して小さめです。

停車列車 [2013年12月現在]

快速特急を除く各列車が停車します。

乗り場

西側から順に1号線、2号線…となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

 新京阪鉄道が1928年1月に淡路-高槻町を開通させた際に設置された駅で、同年11月1日に西院へ延長されるまでは暫定終着駅でした。1943年1月1日に「高槻市」と改称し、現在にいたっています。

周辺の見どころ

確認中。

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

2008年1月4日

▲ このページの先頭へ ▲