藤が有名な駅

藤の牛島

ふじのうしじま Fujinoushijima
藤の牛島駅
▲藤の牛島駅駅舎《2005年9月23日撮影》

STATION PROFILE

郊外私鉄らしい2階建て駅舎

相対式ホーム2面2線から成る駅です。木造2階建ての小振りな駅舎が、大宮方面行きホームに設けられています。ちょっと見たところでは民家に紛れそうで、神戸電鉄に多く見られるタイプの駅舎です。

両ホームは地下道で連絡しています。改札口は駅舎内のひとつのみで、駅前には小広場が整備されているほか、小さな茶店や藤棚があり、また駅前にある壁に施された派手なペインティングが目を引きます。

駅の周辺には畑が多く見受けられるほか、アパートなども建っています。

乗り場

  • 1.野田線 柏、船橋方面
  • 2.野田線 春日部、大宮方面

駅名の由来

牛島という地名をベースに、この地にある特別天然記念物「牛島の藤」の藤を付けたものです。

歴史

1930年に牛島信号場として開設されました。1931年3月1日に牛島駅として営業を開始し、直後の3月5日に現在の「藤の牛島」と改称されています。

  • 【1930年10月1日】 開業。

周辺の見どころ

牛島の藤【未訪】

駅から北西へ、徒歩7分。コメント準備中。

2007年3月28日

このページの先頭へ