突如出現した立派な乗換駅

流山おおたかの森

ながれやまおおたかのもり Nagareyamaotakanomori
流山おおたかの森駅
▲流山おおたかの森駅駅舎《2005年9月23日撮影》

STATION PROFILE

共通コンコースは2階に

流山おおたかの森駅コンコース
【写真1】流山おおたかの森駅コンコース。《2005年9月23日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る駅です。つくばエクスプレス開業時に乗換駅として設置された駅で、東武野田線のホームが地平、共通コンコースが2階、つくばエクスプレスのホームが3階となっています。なお、両線の改札は別々になっており、連絡改札はありません。

駅の南西側には広場がありますが、私が下車した当時はまだ造成中で、自動車が出入りできる状態にはなっていませんでした。

駅の周囲には農家が数戸と小規模な工場がある程度で、むしろ駅から離れるほど民家が多いようです。

乗り場

  • 1.野田線 春日部、大宮方面
  • 2.野田線 柏、船橋方面

駅名の由来

確認中。

歴史

つくばエクスプレスが開通した際に、乗換駅として設置された駅です。

  • 【2005年8月24日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》首都圏新都市鉄道

2007年4月2日

このページの先頭へ