肩を狭めたような駅

逆井

さかさい Sakasai
逆井駅
▲逆井駅東口《2005年9月23日撮影》

STATION PROFILE

橋上駅舎の両側はすぐ道路

逆井駅西口
【写真1】逆井駅西口。《2005年9月23日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る駅で、橋上駅舎を構えており、東西に出口が設けられています。

西口のほうがやや広いとはいえ、東西ともに駅前広場はなく、決して広いとはいえない道路にすぐ面しており、非常に窮屈な印象を与える駅です。

駅の周囲には住宅がびっしり並んでいます。駅の北側を東西に渡る踏切があり、この道路沿いに商店街が形成されています。

乗り場

  • 1.野田線 柏、大宮方面
  • 2.野田線 新鎌ヶ谷、船橋方面

駅名の由来

確認中。

歴史

1933年8月、一面ホームと小さな待合室のみから成る無人停留所として開設、1946年の電化の際に廃止通告が出されたものの、地元の熱意により駅に昇格して現在にいたっています[1]

  • 【1933年7月29日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年4月3日

このページの先頭へ