新興住宅地に設置された駅

新柏

しんかしわ Shinkashiwa
新柏駅
▲新柏駅駅舎《2005年9月23日撮影》

STATION PROFILE

 

島式ホーム1面2線を備える高架駅です。駅舎は柏側の地平高架下にあり、東西に出口が設けられています。ホームと出口の間には2基のエスカレーターを乗り継ぐことができますが、これは朝および日中は上り運転(乗車客中心)、夕方以降は下り運転(降車客中心)となっており、ベッドタウンの駅という性格を強く示しています。

駅の東口にはロータリーが整備されており、東武ストアがあります。いっぽう西側には一戸建ての住宅がびっしり並んでいます。東武標準型の駅名看板がないため、地味な印象を与えます。

乗り場

  • 1.野田線 柏、大宮方面
  • 2.野田線 新鎌ヶ谷、船橋方面

駅名の由来

駅開業当時、新住居表示として予定されていた地名に合わせて付けられたものです。

歴史

沿線人口の増加に伴い新たに設置された駅です。

  • 【1983年7月21日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年4月3日

このページの先頭へ