大仰な橋上駅舎を持つ駅

増尾

ますお Masuo
増尾駅
▲増尾駅東口《2005年9月23日撮影》

STATION PROFILE

東側と西側で雰囲気が変わります

増尾駅西口
【写真1】増尾駅西口。《2005年9月23日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る駅で、なかなかに大仰な橋上駅舎を構えています。

2階にあるコンコースの改札正面には、医院および歯科医院が4つも入っているのには驚きます。駅舎のうち東側は駅事務室として使われているようですが、東口の駅前はひっそりとしています。

いっぽうの西口はロータリーが整備され、大きな駐輪場と直結しています。ケアセンターや銀行があるほか、小規模な商店街もあります。

駅前には新興住宅地という雰囲気はあまりなく、昔からの集落の面影を残した一戸建ての住宅が多く見られます。しかし駅から少し奥に入ると、ニュータウンとして開発されています。

乗り場

  • 1.野田線 柏、大宮方面
  • 2.野田線 新鎌ヶ谷、船橋方面

駅名の由来

増尾の地名は、尾の形をしている舌状台地を示す言葉がとられたものといわれます[1]

歴史

北総鉄道船橋線が開通した際に設置された駅です。

  • 【1923年12月27日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年4月3日

このページの先頭へ