駅から川は見えませんが

川間

かわま Kawama
川間駅
▲川間駅北口《2005年9月23日撮影》

STATION PROFILE

出口は北と南と

川間駅南口
【写真1】川間駅南口。《2005年9月23日撮影》

島式ホーム1面2線から成る地平駅です。ホームの春日部方の端に改札と駅本屋が設けられており、改札を出るとホームと垂直に通る南北の地下道が通じ、ここから北口と南口に出ることができます。

北口、南口ともにロータリーが整備されており店舗が並んでいますが、商店街としての規模が大きいのは北口で、旧関宿町へのアクセス拠点となっています。

駅の周辺は住宅地となっており、一戸建ての民家がずらりと並んでいます。

乗り場

  • 1.野田線 柏、船橋方面
  • 2.野田線 春日部、大宮方面

駅名の由来

川間という駅名は、もともとこの地が旧川間村の中心だったために付けられました。川間の地名は、中里・東金野井・船形・尾崎の4村が合併した際、江戸川と利根川の間にあることから村名となったものといいます[1]

歴史

詳細は確認中。

  • 【1930年10月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年3月28日

このページの先頭へ