今津

いまづ Imazu
今津駅
▲今津駅外観《2005年8月9日撮影》

 

旧今津駅
【写真1】地平時代の今津駅では、阪急と阪神の乗り場が仲良く並び、阪神の上りホームと阪急のホームはフェンスをはさんでいたのみでした。《1989年6月26日撮影》

阪急今津線との分岐駅で、ホームは高架上の対向式2面2線となっています。快速急行と準急が停車し、平日夕方以降および休日には急行が停車します。

高架化前は、上下線別改札で、阪神の上り線と阪急今津線が仲良く並んでいましたが、高架化によって阪神、阪急の両駅は完全に分かれました。駅の周辺は住宅と商店が混在し、安い居酒屋などが軒を連ねています。また、駅の南側には酒蔵が並び、灘五郷のひとつである「今津郷」を形成しています。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

阪急今津線の今津駅が開業した翌日に営業を開始しました。阪急今津駅の移転、および高架化後も当初はそのままでしたが、1998年5月30日に下り線がまず高架線へ移行し、2001年3月3日に上下線とも高架化されました。

1926年12月18日
開業。

周辺の見どころ

今津小学校六角堂

駅から南へ、徒歩8分。今津小学校の敷地内にある明治時代の洋式小学校建築で、松本の開智学校に次ぐ歴史を持ちます。木造二階建、正面玄関上がテラス状となり六角形になっています。設計者不詳。現在は史料展示コーナーや集会室、視聴覚室などとして利用されています。

このページの先頭へ