実質的には中間駅

元町

もとまち Motomachi
元町駅
▲元町駅出口《2005年3月12日撮影》

 

元町駅ホーム
【写真1】元町駅ホーム。《2005年3月12日撮影》

JR元町駅のすぐ南側に寄り添うにように設けられている駅です。島式ホーム1面2線から成るコンパクトな地下駅で、大手民鉄のターミナルとしてはまことにシンプルな構成になっています。かつては、阪神の普通列車の大部分がこの元町で折り返していましたが、現在ではさらに先へと直通するものが多いため、事実上の中間駅となりつつあります。改札は東西に1個所ずつ設けられています。

周囲は繁華街で、大小さまざまな商業ビルが林立しています。駅の一本南側には大規模なアーケード街があり、ブティックからレストランまで、実にバラエティに富んだ商店がずらりと並び、ウィンドウショッピングを楽しむだけでも、時間がいくらあっても足りません。その南側には南京町が広がっており、中華料理を楽しむことができます。さらに、メリケンパークの最寄り駅でもあり、ショッピングおよび観光双方の拠点駅となっています。ただし、場外馬券売り場があるため、週末になると雰囲気が突然変わることがあります。

駅の北側は山手の急坂となっており、7~8分ほど歩くと兵庫県庁があります。

停車列車

確認中。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.本線 西宮、梅田方面(高速神戸方面からの直通)
  • 2.神戸高速線 高速神戸、山陽姫路方面

駅名の由来

確認中。

歴史

三宮付近まで開業していた阪神電車は、元町に地下ターミナルを設けることで中心街への乗り入れを図り、これを達成したのが1936年3月のこと。

1968年4月7日に神戸高速鉄道が開業し、新開地方面への直通運転が始まり、中間駅となりました。

1936年3月18日
開業。

周辺の見どころ

JR西日本-東海道本線をご覧ください。

このページの先頭へ