三角屋根が存在を誇示

群馬藤岡

ぐんまふじおか Gummafujioka
群馬藤岡駅
▲群馬藤岡駅駅舎《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

駅舎の反対側には大きな空き地が

群馬藤岡駅構内
【写真1】群馬藤岡駅構内。《2011年8月18日撮影》

藤岡市の玄関口にあたる駅で、相対式ホーム2面2線から成ります。このほか外側には構内が広く広がっていますが、ほとんどは更地になっており、側線が1本残っているのみです。

駅本屋は下りホーム側にあり、両ホームの間は屋根付きの跨線橋で連絡しています。

駅舎は町のランドマークに

群馬藤岡駅駅舎内
【写真2】群馬藤岡駅駅舎内。《2011年8月18日撮影》

駅舎は木造平屋建てのものですが、天井がかなり高めで、また改札口部分は三角屋根を設けており、町のランドマーク的な役割を担っています。かつては「みどりの窓口」が設けられていましたが、後に廃止されました。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1931年7月1日】 国有鉄道(鉄道省)八高北線・児玉-小野信号場(現・北藤岡)間が開業した際、群馬藤岡駅開業。
  • 【1980年9月30日】 この日限りで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月3日

このページの先頭へ