高崎線には駅はありません

北藤岡

きたふじおか Kitafujioka
北藤岡駅
▲北藤岡駅《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

八高線のみホームがあります

北藤岡駅より高崎方面を望む
【写真1】北藤岡駅より高崎方面を望む。《2011年8月18日撮影》

八高線と高崎線が合流する位置に設けられている駅です。そうはいっても、駅があるのは八高線側のみで、高崎線側には駅はありません。陸羽東線の南新庄などと同じパターンです。ただし、もともと両線の合流地点にあった信号場が北藤岡駅になったという経緯があるため、現在も高崎線側では信号場としての機能を残しています。

ホームはいささか荒れています

北藤岡駅より高麗川方面を望む
【写真2】北藤岡駅より高麗川方面を望む。《2011年8月18日撮影》

カーブした狭い片面ホーム1面1線と小さな待合室があるのみの、こぢんまりした無人駅です。

駅の周辺は畑作地帯になっていますが、藤岡市郊外ということもあり集合住宅も建っています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1931年7月1日】 国有鉄道(鉄道省)八高北線・児玉-小野信号場間が開業した際、高崎線との分岐部に小野信号場を設置。
  • 【1961年2月21日】 小野信号場廃止、格上げとなる形で北藤岡駅開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月3日

このページの先頭へ