工場裏手の無人駅

折原

おりはら Orihara
折原駅
▲折原駅《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

駅舎もない無人駅

折原駅ホーム
【写真1】折原駅ホーム。《2008年8月13日撮影》

工場の裏手に、片面ホームが設けられているのみの、ごく簡素な棒線駅です。駅舎と呼べるものはなく、出入り口に小さな屋根が設けられているのみです。

駅周辺は住宅地ですが、駅に対応するような商店などは特に立地しておらず、周辺道路からも駅がなかなかわかりにくい状態になっています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1934年10月6日】 国有鉄道(鉄道省)八高線・小川町-寄居間が開業した際、折原駅開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月2日

このページの先頭へ