玄関の三角屋根が印象的な駅

毛呂

もろ Moro
毛呂駅
▲毛呂駅駅舎《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

非電化区間最初の駅

毛呂駅ホーム
【写真1】毛呂駅ホーム。《2008年8月13日撮影》

高麗川以北では八高線は非電化となり、ディーゼルカーが関東平野西端の谷口集落を結んで走っていきます。毛呂駅は、毛呂山町の西側に設けられている駅です。

駅舎の中は昔ながらの光景が

毛呂駅駅舎内
【写真2】毛呂駅駅舎内。《2008年8月13日撮影》

相対式ホーム2面2線から成り、両ホームの間は跨線橋が連絡しています。瓦屋根にハーフティンバー、下見板貼りという洋館風の木造駅舎が現在も健在で、「みどりの窓口」も営業しているなど、地域の核として、昔の姿のままで今なお健在な駅です。

駅舎もなかなかしゃれたもの

毛呂駅駅舎を斜めから見る
【写真3】毛呂駅駅舎を斜めから見る。《2008年8月13日撮影》

駅本屋が西側にあり、出口は東側にはないため、市街地には背を向けた格好になっています。駅正面には埼玉医科大学および同大学付属病院があり、通院者の利用も多い駅です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1933年4月15日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月2日

このページの先頭へ