水田の中にある棒線駅

松久

まつひさ Matsuhisa
松久駅
▲松久駅《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

いささか貧弱なホームが伸びます

松久駅ホーム
【写真1】松久駅ホーム。《2011年8月18日撮影》

松久駅は、単式ホーム1面1線が水田の中にぽつんと設けられているのみの駅です。

駅舎は待合室機能のみ

松久駅駅舎を横側から見る
【写真2】松久駅駅舎を横側から見る。《2011年8月18日撮影》

駅舎は小判型をした待合室機能のみを持つ簡易型のもので、なぜか屋根を上下二段式にしています。

駅の周辺には住宅がそれなりに建っていますが、中心街という雰囲気はなく、農村地帯の集落といった趣です。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1933年1月25日】 国有鉄道(鉄道省)八高北線・寄居-児玉間が開業した際、松久駅開業。
  • 【1960年2月29日】 この日限りで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月3日

このページの先頭へ