大量の本がお出迎え

竹沢

たけざわ Takezawa
竹沢駅
▲竹沢駅駅舎《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

小規模ながら昔ながらの配線が残る

竹沢駅構内
【写真1】竹沢駅構内。《2008年8月13日撮影》

八高線の列車は、しばらく東武東上線と平行して走ります。東上線が右手へ、八高線が左手へと分かれるようになると、ほどなく竹沢駅になります。

相対式ホーム2面2線から成る駅で、駅本屋は下りホーム側にあり、上りホームとの間は跨線橋で連絡しています。

駅舎の中は見ての通り

竹沢駅駅舎内
【写真2】竹沢駅駅舎内。《2008年8月13日撮影》

駅舎はごく小さいものですが、その内部にはまさに所狭しと本が置かれており、利用者が自由に読むことができるようになっています。利用者用に本を開放している駅は少なくありませんが、この竹沢駅は蔵書数が非常に多く、まず飽きることがありません。

駅周辺には民家がぽつぽつあるものの、運転本数が多い東武東上線の東武竹沢駅が比較的近いこともあり、駅の利用者はごく限られているようです。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1934年10月6日】 国有鉄道(鉄道省)八高線・小川町-寄居間が開業した際、竹沢駅開業。
  • 【1960年2月29日】 この日限りで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月2日

このページの先頭へ