八高線の電化はここまで

高麗川

こまがわ Komagawa
高麗川駅
▲高麗川駅駅舎《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

駅舎は小ぶりなものがそのまま使われています

高麗川駅駅舎内
【写真1】高麗川駅駅舎内。《2008年8月13日撮影》

高麗川は、八高線と川越線との接続駅ですが、八高線の電化区間はここ高麗川以南で、電車の多くは川越線と直通運転を行っているため、実質的には「八高線電化区間+川越線」と「八高線非電化区間」の接続駅となっています。このため、列車が到着するたびに、駅構内は乗り換え客でにぎわいます。

駅舎はコンパクトな木造平屋建てのものが現在でも健在で、平瓦を載せた屋根に小ぶりな車寄せ屋根など、地方の小駅らしい雰囲気があります。それでも首都圏の宅地化はこのあたりまで広がっており、送迎の自動車が盛んに発着しています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1931年12月10日】 国有鉄道(鉄道省)八高南線(現、八高線)・東飯能-小川町間が開業した際、高麗川駅開業。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月1日(最終更新)

このページの先頭へ