田園地帯の中にある駅

児玉

こだま Kodama
児玉駅
▲児玉駅駅舎《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

ホームは相対式2面2線

児玉駅駅舎内
【写真1】児玉駅駅舎内。《2011年8月18日撮影》

田園地帯の中に集落がまとまっているところに設けられている駅です。

相対式ホーム2面2線から成り、両ホームは跨線橋で連絡しています。乗降客がそう多いわけではなさそうですが、駅員が配置されていました。

八高線開通当初からあまり変わっていないと思われる木造駅舎が健在です。

児玉は武蔵七党のころからの関東武士の根拠地として有名ですが、現在では静かな田園地帯の中にある集落といった趣です。。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

  • (西側)八高線下り 高崎方面
  • (東側)八高線上り 寄居、八王子方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1931年7月1日】 国有鉄道(鉄道省)八高北線・児玉-小野信号場(現・北藤岡)間が開業した際、児玉駅開業。
  • 【1933年1月25日】 八高北線・寄居-児玉間が開業、中間駅となります。
  • 【1974年4月4日】 この日限りで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月3日

このページの先頭へ