水田に囲まれた静かな駅

用土

ようど Yodo
用土駅
▲用土駅駅舎《2008年8月13日撮影》

STATION PROFILE

片面ホーム1面1線のみ

用土駅ホーム
【写真1】用土駅ホーム。《2008年8月13日撮影》

八高線は、寄居を出るとそれまでの丘陵地帯を脱し、関東平野北西部の平野を走るようになり、車窓も畑から水田へと変わっていきます。このこの区間の最初の駅が、用土になります。

片面ホーム1面1線が設けられている無人駅です。

駅舎は出入口としてのみ利用

用土駅ホームベンチ
【写真2】用土駅ホームベンチ。《2008年8月13日撮影》

駅舎はかなりの年代物で、現在は地元の集会等に利用されているようですが、見たところかなり老朽化が進んでいるようでした。なお、実際には待合室としては使われておらず、駅舎隣にある出入り口が待合室としての機能を持っています。

駅周辺には民家が点在するものの、特にこれといったものはなく、静かな駅です。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1933年1月25日】 国有鉄道(鉄道省)八高北線・寄居-児玉間が開業した際、用土駅開業。
  • 【1961年8月31日】 この日限りで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月3日

このページの先頭へ