板倉東洋大前
いたくらとうようだいまえ
Itakuratoyodaimae

板倉東洋大前駅

 島式ホーム2面4線から成る橋上駅で、快速列車が停車します。

 西口は、駅名ともなっている東洋大学板倉キャンパスの玄関口です。やたらと立派な道路に街路樹がずらりと並び、非常に広い歩道が伸びるさまは壮観で、北海道を思わせます。しかし、住宅や店舗がそれに見合う形で入っているわけではないため、何のために道路が整備されたのだろうかと思われました。私が下車したのは祝日で大学が休みだったということを差し引く必要はありますが、送迎の自動車がときどき駅の前までくるものの、あまりにも生活感が希薄な印象を抱いたものです。南西側には、工業団地入居募集を示す立て看板が立っており、開発ははじまったばかりといったところなのでしょう。

 いっぽう東口には、そこそこ民家が散在しており、分譲住宅開発も行われているようです。

板倉東洋大前駅東口

広場の整備は西口のほうが立派ですが、東口には生活感が感じられました。《2005年9月19日撮影》

 駅のコンコースは、南栗橋や新古河など他の橋上駅舎と同様の設計になっていますが、ガラスが大きくステンドグラスを用いているため、より明るい雰囲気になっています。

板倉東洋大前駅改札

板倉東洋大前駅のコンコースは明るく、ベンチが用意されており休憩所として利用されていました。《2005年9月19日撮影》

 列車の接続や通過待ちが多く行われる駅ですが、快速停車駅のなかではかなり寂しい駅という印象です。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【海老瀬簡易郵便局】駅東口から東へ、徒歩4分。未訪。

2005年10月8日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.