静和
しずわ
Shizuwa

静和駅

 島式1面2線から成る駅で、ホームの東武日光方に西側へ通じる地下道があり、駅本屋へ通じています。東側には出口はありません。

 木造駅舎が健在ですが、隣駅の藤岡に比べ、屋根や壁面の改修が小規模なものになっています。薄い屋根瓦もそのままで、かなり古いものが使われています。駅待合室はごく小ぶりなものですが、自動改札機が導入されています。

静和駅屋根瓦

静和駅の駅舎屋根には、古くからの屋根瓦が使われています。《2005年9月19日撮影》

 島式ホームには待合室が設けられています。また、ホームの南西側には、かつての貨物ホームの跡がくっきり残っています。

静和駅ホーム

静和駅は島式ホーム1面2線ですが、かつての貨物ホームの跡が残っています。《2005年9月19日撮影》

 この貨物ホームは、北側が空き地、南側が駐車場となっています。その南側は古い倉庫につながっており、かつて農産物などの配送拠点だったことがうかがわせます。もっとも、ホームから推測されるのは1線のみで、新栃木以北の各駅に見られる広大な貨物駅というわけではなかったのでしょう。

静和駅貨物ホーム跡

貨物ホーム跡の一部は駐車場として転用され、その先は古い倉庫につながっていました。《2005年9月19日撮影》

 駅前には、小ぶりながら広場が整備されており、駅を出て右手には駐車場があります。ここにも、営業しているのかいないのか判然としない商店があるほか、東武の小駅前でよく見受ける自転車預かり所があります。

 駅の東側には一面に水田が広がっています。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【岩舟静和郵便局】駅から西へ、徒歩8分。未訪。

2005年10月8日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.