丘陵地帯の中にある駅

日向

ひゅうが Hyuga
日向駅
▲《2014年4月13日撮影》

STATION PROFILE

両ホームは跨線橋で連絡

日向駅ホーム
【写真1】日向駅ホーム。《2014年4月13日撮影》

日向は、山武市の西郊に位置している駅で、相対式ホーム2面2線が設けられており列車交換が可能です。駅本屋は下りホーム側にあり、上りホームとの間は跨線橋で連絡しています。

小駅舎ながら有人駅

日向駅駅舎内
【写真2】日向駅駅舎内。《2014年4月13日撮影》

駅舎はごく小さいものですが、委託駅員が窓口で業務を行っていました。

住宅は駅から離れたところに

日向駅駅前
【写真3】日向駅駅前。《2014年4月13日撮影》

駅自体は畑に囲まれた場所にあり、駅から少し離れたところにはまとまった住宅地があることから、そこそこの利用者がいるようです。ただし駅前は自動車での送迎が多く見られるのみで、商店などは見当たりませんでした。

停車列車 [2014年4月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

南側(駅本屋と反対側)から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.総武本線上り 千葉、東京方面
  • 2.総武本線下り 成東、銚子方面

駅名の由来

未確認ですが、傾斜地上において日当たりのよい地域であることを指したものかと思われます。

歴史

戦後に設置された駅です。

  • 【1899年10月12日】 総武鉄道(初代)の八街-成東間に、日向駅開業。
  • 【1907年9月1日】 総武鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
  • 【1962年9月30日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月26日

このページの先頭へ