看板上は市川市の玄関駅ですが

市川

いちかわ Ichikawa
市川駅
▲市川駅北口《2007年5月3日撮影》

STATION PROFILE

 

市川駅南口
【写真1】市川駅南口。なんとも寂しい印象です。《2007年5月3日撮影》

江戸川を渡ると千葉県に入り、最初の駅である市川が快速停車駅となっています。ただし、市川市における行政機関や商業集積地へはひとつ先の本八幡のほうが便利で、実際に市川、本八幡両駅の乗車人員はほとんど同じです(2005年度実績による)。

駅舎はかなり規模の大きいもので、高架下の地平より少し高いところに南北自由通路を兼ねたコンコースがあり、ホームはその上に設けられています。快速線の外側に通過線があるため2面6線となっており、快速が特急列車の通過待ちを行うことがしばしばあります(このため、結果として各駅停車のほうが先着する場合もままあります)。

商店などは駅の北側に集中しており、市川市西部に多く立地する大学への通学生なども多く賑わいを見せます。いっぽう、南口はガランとしており、ぼつぼつと雑居ビルとマンションが建ち並ぶ程度ですが、こちらでは再開発計画が進められています。

停車列車 [2014年4月現在]

快速が停車します。

乗り場

  • 1.総武緩行線 秋葉原、三鷹方面
  • 2.総武緩行線 津田沼、千葉方面
  • 3.総武線快速上り 東京方面
  • 4.総武線快速下り 千葉方面

駅名の由来

確認中。

歴史

総武鉄道が開通した1894年7月に設けられた駅で(他に船橋、千葉、佐倉)、江戸川の架橋が間に合わなかったため、本所(現・錦糸町)まで開通する同年12月9日まで暫定的に東京側のターミナルとなりました。

  • 【1894年7月20日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年5月21日

このページの先頭へ