法華経寺門前町の玄関駅

下総中山

しもうさなかやま Shimosanakayama
下総中山駅
▲下総中山駅北口《2007年5月3日撮影》

STATION PROFILE

 

下総中山駅南口
【写真1】下総中山駅南口。《2006年6月25日撮影》

総武緩行線(各駅停車)のみが停車する、島式ホーム1面2線からなる駅です。高架下にあるコンコースは南北自由通路を兼ねており、この通路に垂直の位置に改札が設けられています。

北口にはロータリーが整備されており、乗降客数に比してゆったりしたスペースが設けられていますが、駅前の商店や飲食店などの数はそれほど多くはありません。

いっぽう南口は、高架の脇を通る狭い道路に面しているのみで駅前広場はなく、駅を出てすぐに飲食店などが並ぶ形になっています。

武蔵野線開通前は中山競馬場への最寄り駅として知られていましたが、船橋法典駅の設置に伴いこの駅からの利用は少なくなっているようです。

停車列車 [2014年4月現在]

各停のみが停車します。

乗り場

  • 1.総武緩行線 秋葉原、三鷹方面
  • 2.総武緩行線 津田沼、千葉方面

駅名の由来

確認中。

歴史

総武鉄道によって設置された当初は単に「中山」と称しましたが、1915年9月11日に現在の「下総中山」に改称しました。

  • 【1895年4月12日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年5月22日

このページの先頭へ