各駅停車はここまで

三鷹

みたか Mitaka
三鷹駅
▲三鷹駅北口《2004年9月3日撮影》

STATION PROFILE

南北で表情が大きく変わる

三鷹駅南口
【写真1】三鷹駅の南口からはペデストリアンデッキがのび、商店街へとつなっています。《2004年9月3日撮影》

3面6線から成る地上駅で、改札は橋上に設けられています。中央快速線と中央総武緩行線から成る複々線はこの三鷹までで、地下鉄東西線からの乗り入れも、この三鷹までとなっています。これらの電車を引き受けるため、三鷹電車区が設けられています。

駅南側にはペデストリアンデッキが整備され、多数の商店が入った駅ビルから、駅周辺の建物が直結しています。駅前はロータリーとなり三鷹市中心部方面への路線バスが頻繁に発着しています。駅正面からまっすぐ南に延びる道路は比較的狭いものの、きれいに整備されているものが多く、ウィンドウショッピングには最適でしょう。

いっぽう、駅の北側には、駅舎と直結したビルの中にJR東日本の事務所が入っており、南口にくらべて比較的落ち着いた雰囲気です。駅から少し離れたところには一戸建ての住宅が多く並んでおり、商業地となっている南口とは好対照をなしています。

停車列車 [2014年5月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1930年6月25日】 開業。
  • 【1949年7月15日】 三鷹事件発生。

周辺の見どころ

風の散歩道

駅から万助橋にいたる、玉川上水沿いのシンボルロード。御影石で整備された歩道は、井の頭公園へ向かう途中の散歩道として好適です。通行自由。

山本有三記念館

駅南口から南東へ玉川上水沿いに進み、徒歩12分。山本有三の居宅を保存し、遺族から寄贈された遺品などを公開・展示しています。大正末期の建造といわれる同館は、寄木細工など細かいところまで手が入っており、当時の市民が郊外に構えた住宅のクオリティの高さを示しています。無料、月休。

【WebSite】http://www.mitaka.jpn.org/yuzo/

2005年7月20日(最終更新)

このページの先頭へ