相模湖へのアクセス駅

相模湖

さがみこ Sagamiko
相模湖駅
▲相模湖駅駅舎《2011年8月18日撮影》

国鉄型配線の駅

相模湖駅ホーム
【写真1】相模湖駅ホーム。《2011年8月18日撮影》

相模湖への最寄り駅で、2面3線の、いわゆる国鉄型配線から成っています。南側に駅本屋があり、島式ホームとの間は跨線橋が連絡しています。ここで特急列車の通過待ちが多く行われます。

あちこちに観光客を意識した設備が

相模湖駅ホームにて
【写真2】相模湖駅ホームにて。《2011年8月18日撮影》

観光地が近いためか、ホームのベンチには丸木を使ったものが見られました。

駅舎は独特の傾斜を持つ屋根を擁していますが、何をモチーフにしたものでしょうか。

改札口には無機質な印象が

相模湖駅改札口
【写真3】相模湖駅改札口。《2011年8月18日撮影》

改札口は1カ所のみで、自動改札機が入っていました。観光客の利用が想定される駅としては珍しく「みどりの窓口」がありませんが、これは当駅には特急列車が停車しないために不要という判断でしょうか。

駅前広場はゆったり

相模湖駅駅前
【写真4】相模湖駅駅前。《2011年8月18日撮影》

駅周辺は傾斜が急な河岸段丘になっていますが、駅前にはゆったりした広場が整備されています。

停車列車 [2017年4月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

南側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

  • 1.中央本線下り 甲府、塩尻方面
  • 2.中央本線下り 甲府、塩尻方面/上り 高尾、新宿方面
  • 3.中央本線上り 高尾、新宿方面

駅名の由来

確認中。

歴史

中央線開業当初からの駅です。

1901年8月1日
官設鉄道(逓信省鉄道作業局)によって八王子-上野原間が開業した際、「与瀬」(よせ)駅開業。
1956年4月10日
駅名を「高尾」に変更。
1961年11月15日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2017年4月5日
駅舎リニューアル[1] [2]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR東日本・八王子支社プレスリリース「中央本線 相模湖駅に地域の玄関口となる駅空間を創出します」[PDF] (2016年12月16日)。
  2. 毎日新聞・神奈川「相模湖駅 津久井産木材で改装 登山客の更衣室も」(2017年1月29日)。

このページの先頭へ