年季の入った三角屋根は消滅寸前

武蔵小金井

むさしこがねい Musashikoganei
武蔵小金井駅南口
▲武蔵小金井駅南口《2006年6月17日撮影》

STATION PROFILE

北口は橋上駅舎

武蔵小金井駅北口
【写真1】武蔵小金井駅北口。《2006年6月17日撮影》

開業当時の雰囲気を今なお残す、三角屋根の駅舎が健在の駅です。小金井市の玄関駅ですが、駅周辺の道路が狭いうえに南北の往来が難しいため、混雑が日常化しています。

駅の出口は南口と北口の2個所があります。このうち、三角屋根のある駅舎は南口の地平にあります。木造平屋のコンパクトなもので、待合室のスペースがほとんどなく、券売機と自動改札機が軒下にあるのみというタイプです。旧国鉄らしからぬ控えめな建物ですが、周囲に高層建造物が並んでしまった現在では、モニュメントとしてもさして目立たない存在になっています。東京近郊各駅の中でもかなり古い部類に属する駅舎ですが、駅舎そのものはさておき“駅舎のある風景”そのものは、完全に失われているのが現状です。もっとも、この駅舎自体も、中央線高架化工事に伴い解体される予定で、特に保存運動なども起きていないようです(もし動きがあるようでしたらご連絡いただければ幸いです)。

いっぽうの北口は、橋上駅舎になっています。上下ホームを結ぶ跨線橋の中に改札機が入っています。高架化工事進行中のため仮設駅舎ですが、改札内にはそば屋、改札外には「みどりの窓口」が入っています。バスターミナルや大規模商業施設などが北口に面しているため、こちらがメインの玄関口となっています(南口からの路線バスの発着もあります)。

地平ホームもやはり消滅寸前

武蔵小金井駅ホーム
【写真2】武蔵小金井駅ホーム。《2006年6月17日撮影》

ホームは地平に2面3線が設けられており、上りが単式、下りが島式となっています。

駅の東側には、線路を南北に横切る形で小金井街道が通っており、ここにある踏切は“開かずの踏切”となっています。この踏切は、中央線高架化工事に伴う運転切り替えの際にトラブルが頻発したことで知られるようになりました。

駅からほど近いところまで住宅が建ち並んでいます。駅の西側には電車区があり、このため武蔵小金井を起終点とする快速電車が設定されています。

停車列車 [2014年5月現在]

確認中。

乗り場

  • 1.中央線 立川、高尾方面
  • 2.中央線 新宿、東京方面(一部)
  • 3.中央線 新宿、東京方面

駅名の由来

確認中。

歴史

1924年4月4日、観桜のための仮乗降場として設置されたのが前身です。1926年1月に停車場へ昇格しました。

  • 【1926年1月15日】 開業。

周辺の見どころ

小金井公園

コメント準備中。

滄浪泉園

コメント準備中。

三楽の森公共緑地

コメント準備中。

江戸東京たてもの園

コメント準備中。

2006年6月30日

このページの先頭へ