丸ノ内線が接続

荻窪

おぎくぼ Ogikubo
荻窪駅
▲荻窪駅《2005年2月23日撮影》

STATION PROFILE

古くからの商店街の面影が残る

島式ホームが2つ並ぶ、2面4線の地平駅です。中央線複々線区間の駅には高架駅が多いのですが、この荻窪は平地上にホームがあります。駅コンコースは地下に設けられている。

駅の出口は東西にあり、メインの東口は、コンコースが地下に設けられています。駅の北側には駅ビルがあり、改札と直結しています。東口の北側は、再開発があまり進んでおらず、東京郊外の各駅の光景が画一化する前の場景が残っています。いっぽう西口は橋上駅舎となっており、跨線橋を介して南北に出ることができます。

荻窪という地名は、行者がこの地に自生する荻をもって祠をたて、観音様を安置したことによるといわれています。

停車列車 [2014年5月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

甲武鉄道開通後、中野-境(現・武蔵境)間に設けられました中間駅です。貨物営業も行っていましたが、これは1974年9月末かぎりで廃止されています。

  • 【1891年12月21日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》東京地下鉄-丸ノ内線

2005年7月20日(最終更新)

このページの先頭へ