特徴あるホーム配置の駅

梅島
うめじま
Umejima

梅島駅

 高架上に島式ホーム1面2線が設けられている駅で、外側の急行線にはホームはありません。

 梅島駅に特徴的なこととしては、長い島式ホームの北千住方を上り線が、東武動物公園方を下り線が用いるという、いわば千鳥型島式ホームともいうべき変則的な形態を取っていることがあげられます。ホームのうち使われていない部分、すなわち北千住方の下り線側(南西側)および東武動物公園方の上り線側(北東側)には壁が設けられています。

 出口はホームの中央にあるため、上下列車のいずれからも、最後部車両が出口に近いことになります。両方の乗り場には自由に行き来することができます。

梅島駅ホーム

梅島駅ホーム。変則的な島式ホームになっています。《2005年9月23日撮影》

 改札は高架下にあります。駅のすぐ脇に東武ストアがあるほか、飲食店やマンションが並んでいます。足立区役所の最寄り駅でもあります。

乗り場

駅名の由来

 梅島という駅名は、駅南側の梅田、駅北側の島根の両地区の地名を統合する形で付けられたものです。現在では、梅島駅の北側一帯に「梅島」という地名が付されています。

歴史

 小菅、五反野と同時に設置された駅です。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【足立梅田郵便局】駅から南へ、徒歩3分。未訪。
【足立梅島郵便局】駅から北東へ、徒歩8分。未訪。

2007年3月19日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.