山越えの先の拠点駅

鈴蘭台
すずらんだい
Suzurandai

鈴蘭台駅

 有馬線と粟生線が分岐する拠点で、車両基地が設けられており、運行上の要衝となっています。神戸の代表的な新興住宅地である鈴蘭台地区の中心駅です。

 ホームは2面4線の方向別になっており、有馬線の有馬口方面と粟生線の三木方面は相互にホーム乗り換えが可能です。心なしか、神鉄の他の駅に比べて、ホームがしっかりしているように感じられます。

 改札は、駅の東西に1個所ずつ設けられており、両ホームとは地下道で連絡しています。この地下道は比較的古くから使われているようで、幅が狭いため、電車が到着するたびに、下車客や乗り換え客で混雑します。

 駅舎には特筆すべきものはありませんが、円筒形の部分が目立つ自社ビルと一体化しています。軒には、神鉄の社章が据え付けられています。

 駅前は狭く、主要な道路から少し奥まったところに位置していることもあって、人や車でごった返しています。鈴蘭台が坂の多い地域ということもあって、駅の改札前まで自家用車で乗り付ける人や、電車から降りてくる人を待つ自家用車などが入り乱れています。自家用車を使う鉄道利用客をスムーズにさばくためには、自動車の流れをスムーズにするような駅前広場の整備が求められます。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 神戸有馬電気鉄道が湊川-電鉄有馬(現・有馬温泉)を開通させた際に開業した駅です。

周辺の見どころ

 特になし。

2005年7月22日

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.