山手通りの脇に位置する駅

東中野

ひがしなかの Higashinakano
東中野駅
▲東中野駅北口《2003年9月13日撮影》

STATION PROFILE

ホームは傾斜地上に

東中野駅南口
【写真1】東中野駅南口。《2006年6月25日撮影》

緩行線にのみ、島式ホーム1面2線が設けられている駅です。傾斜地に設置されているため、中野側は切り通しに、大久保側は築堤状となっています。

橋上駅舎で、駅の北側はすぐに自動車が通れる道路になっていますが、南側は比較的狭い通路に面しています。

停車列車 [2014年5月現在]

各駅停車のみが停車します。

乗り場

西側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.中央総武緩行線 中野、三鷹方面
  • 2.中央総武緩行線 新宿、千葉方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1906年5月14日】 甲武鉄道の大久保-中野間に「柏木」駅開業。当初から電車のみの停車でした。
  • 【1906年10月1日】 甲武鉄道の国有化に伴い、官設鉄道(逓信省鉄道作業局)の駅となります。
  • 【1917年1月1日】 駅名を「東中野」に改称。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
  • 【1988年12月5日】 駅構内で列車衝突事故発生(死者2名、負傷者116名)。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》東京都-大江戸線

2014年5月21日(最終更新)

このページの先頭へ