もとは宿場町でした

はら
Hara
原駅
▲原駅駅舎《2005年3月24日撮影》
島式ホームからみた駅本屋
【写真1】駅本屋前のホームは、ほとんど使われていません。《2005年3月24日撮影》

島式ホーム1面2線と、駅本屋が面している片面ホーム1面1線から成る地上駅です。しかし、駅本屋前のホームはほとんど使われていないようで、実際には島式ホーム1面2線とみてよいでしょう。

駅舎は、腰回りをナマコ壁、明るい色の木材と土を配した、江戸時代の商家や宿を連想させるものになっています。東海道の宿場として栄えた地域であり、観光客を意識したものなのでしょう。

かつては不毛な沼地で、宿場以外で集落が成立し得なかった時代もあったのですが、現在では水田と工場が一帯を覆っています。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線、3番線となりますが、1番線はほとんど使われていません。

駅名の由来

「原」とはなんとも素っ気ない駅名ですが、これの由来となった地名は、駅周辺の見通しがよく一面の平地になっていることから来ているものと思われます。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【東海道本線】 熱海函南三島沼津片浜東田子の浦吉原富士富士川新蒲原蒲原由比興津清水草薙東静岡静岡△安倍川用宗焼津西焼津藤枝島田金谷菊川掛川愛野袋井磐田豊田町天竜川浜松高塚舞阪弁天島新居町鷲津新所原二川豊橋西小坂井愛知御津三河大塚三河三谷蒲郡三河塩津三ヶ根幸田相見岡崎西岡崎安城三河安城東刈谷野田新町刈谷逢妻大府共和南大高大高笠寺熱田金山尾頭橋名古屋枇杷島清洲稲沢尾張一宮木曽川岐阜西岐阜穂積大垣垂井関ヶ原柏原近江長岡醒ヶ井米原

2005年11月14日

▲ このページの先頭へ ▲