工業地帯を実感する駅

吉原

よしわら
Yoshiwara
吉原駅
▲吉原駅北口《2005年3月24日撮影》
吉原駅南口
【写真1】吉原駅南口。ずらりと並ぶ側線群を横断して南口に出ます。《2005年3月24日撮影》

島式ホーム1面2線から成る駅ですが、旅客ホームを取り巻くように数多くの側線があり、貨物列車の入れ替え作業などが行われるため非常に複雑な配線になっています。

東西に出入口がありますが、メインは東口で、橋上駅になっており、南北に出口が通じています。駅舎のメイン部分は線路の北側にある3階建てで、駅舎というよりは事務所という雰囲気になっています。

いっぽう南側は、ゆったりした駅前広場に通じています。海がほど近いのですが、駅のすぐ南側に田子の浦が広がっていますが、現在では田子の浦港として開発されており、景勝地としての面影はありません。

このほか、駅の西側の通路は岳南鉄道の改札と直結していますが、そのまま駅の北側へ抜けることもできるので、もうひとつの出口となっているともいえるでしょう。

吉原駅を駅本屋から望む
【写真2】長編成の貨物列車が行き交うさまは壮観。中央に見えるオレンジ色の列車は、岳南電車です。《2005年3月24日撮影》

駅の周囲には工場や倉庫が多く並んでおり、製紙工場の煙突から白煙がのぼる姿をあちこちで見ることができます。

吉原は東海道の宿場町として発展しましたが、駅は市街地から大きく離れたところに設けられています(旧吉原市の中心地へは、岳南鉄道が連絡)。吉原から富士にかけて、富士山麓の地下水を利用した製紙・パルプ工場が多く立地していますが、水質汚染や大気汚染などの公害問題が深刻で、現在ではややくすんだ工業地域といった印象があります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

国府津-沼津-静岡開通当時に設置された駅で、当初は周囲の集落名をベースに「鈴川」と称しました。西隣の富士より20年以上早く開業したことになります。

吉原の中心街から大きく離れていたため、長らく鈴川の駅名が使われましたが、1956年4月10日に、市名の吉原市にあわせて改称されました。その後、1966年11月1日に吉原市は富士市と合併してその名前を返上していますが、駅名はそのままです。

周辺の見どころ

確認中。

【東海道本線】 熱海函南三島沼津片浜東田子の浦吉原富士富士川新蒲原蒲原由比興津清水草薙東静岡静岡△安倍川用宗焼津西焼津藤枝島田金谷菊川掛川愛野袋井磐田豊田町天竜川浜松高塚舞阪弁天島新居町鷲津新所原二川豊橋西小坂井愛知御津三河大塚三河三谷蒲郡三河塩津三ヶ根幸田相見岡崎西岡崎安城三河安城東刈谷野田新町刈谷逢妻大府共和南大高大高笠寺熱田金山尾頭橋名古屋枇杷島清洲稲沢尾張一宮木曽川岐阜西岐阜穂積大垣垂井関ヶ原柏原近江長岡醒ヶ井米原

《乗り換え》岳南電車

2004年4月27日
2004年9月20日、加筆修正
2005年10月12日、写真を追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲