民営化直前に開業した新設駅

片浜

かたはま
Katahama
片浜駅
▲片浜駅駅舎《2005年9月10日撮影》
片浜駅ホーム
【写真1】片浜駅ホーム。新設駅らしく、細いホームと素っ気ない橋上駅舎のみという機能的なつくりになっています。《2005年9月10日撮影》

相対式2面2線のホームと橋上駅舎から成る駅です。開業したのが民営化直前という新しい駅だけに、ホームが細く駅舎も簡素なもので、東海道本線の駅に多く見られるホームの植え込みや生け花の展示などがないのはもちろん、出札窓口も最小限のスペースをやりくりしています。

ホームの長さが10両対応となっているため、長大編成列車の場合は、はみ出る部分の車両のドアが閉め切られます。

駅前にはロータリーが整備されていますが、ガランとしており、あまり生活感が感じられませんでした。駅からほど近いところに大規模なショッピングセンターがあるものの、大きな駐車場を備えた郊外型店舗だけに、鉄道の利用者がどの程度あるのかは疑問。駅の北側には工場が多く建っています。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

国鉄最末期に開業した駅です。

周辺の見どころ

確認中。

◆ 訂正 ◆

  • キャッチコピーおよび「歴史」欄にて「国鉄最後に開業した駅」と記しておりましたが、実際に最後に開業したのは仙石線の東矢本駅(1987年3月31日開業)であり、片浜駅ではありません。訂正いたします。(2013年11月20日)

【東海道本線】 熱海函南三島沼津片浜東田子の浦吉原富士富士川新蒲原蒲原由比興津清水草薙東静岡静岡△安倍川用宗焼津西焼津藤枝島田金谷菊川掛川愛野袋井磐田豊田町天竜川浜松高塚舞阪弁天島新居町鷲津新所原二川豊橋西小坂井愛知御津三河大塚三河三谷蒲郡三河塩津三ヶ根幸田相見岡崎西岡崎安城三河安城東刈谷野田新町刈谷逢妻大府共和南大高大高笠寺熱田金山尾頭橋名古屋枇杷島清洲稲沢尾張一宮木曽川岐阜西岐阜穂積大垣垂井関ヶ原柏原近江長岡醒ヶ井米原

2005年11月14日

▲ このページの先頭へ ▲