かつては機関車付け替えのための要衝でした

沼津

ぬまづ
Numazu
沼津駅
▲沼津駅駅舎《2004年4月4日撮影》
沼津駅北口
【写真1】沼津駅北口。《2005年9月10日撮影》

東海道本線と御殿場線の接続駅で、3面6線から成ります。駅の中央やや東側に地下道、西側に跨線橋があり、各ホームを連絡しています。

このうち北側の1面2線が御殿場線ホームです。長らく鉄道のジャンクションとして栄え、蒸気機関車の付け替え作業が頻繁に行われていました。現在も駅の構内は都市の規模に比べてきわめて大きく、往時の栄華を偲ばせます。

南口がメインとなっており、JR東海らしいシンプルなデザインの駅舎を構え、駅前には大規模商業施設が建つという、地方都市に典型的な光景が見られます。駿河地方の経済、商業の中心地で、スルガ銀行や静岡中央銀行の本店があります。

このほか、西側の跨線橋から構内を横断した先に、北口改札口が設けられています。北口の前にはロータリーがきれいに整備されていますが、鉄道用地跡の再開発はさほど進んでいないようです。風俗店や貸金業の入った店舗が多く見受けられます。

停車列車 [2013年11月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

沼津の地名は、この地域が低湿地であったことによるものと思われます。

歴史

国府津-沼津-静岡のルートで1889年に開業。御殿場周りの急勾配区間と駿河の平野地帯とのジャンクションに当たるため、補助機関車の連結・解除作業が行われました。1934年12月1日に丹那トンネルが開通して以降は、沼津以東が電化区間、沼津以西が非電化区間(蒸気機関車牽引区間)となったため、機関車の付け替え作業が行われました。東海道本線の電化区間が西へと延長されて以降は、その役割を減じましたが、1991年に小田急線直通特急「あさぎり」開業後は、東京のターミナルへ直通する列車の始発駅といえるようになりました。

周辺の見どころ

確認中。

【東海道本線】 熱海函南三島沼津片浜東田子の浦吉原富士富士川新蒲原蒲原由比興津清水草薙東静岡静岡△安倍川用宗焼津西焼津藤枝島田金谷菊川掛川愛野袋井磐田豊田町天竜川浜松高塚舞阪弁天島新居町鷲津新所原二川豊橋西小坂井愛知御津三河大塚三河三谷蒲郡三河塩津三ヶ根幸田相見岡崎西岡崎安城三河安城東刈谷野田新町刈谷逢妻大府共和南大高大高笠寺熱田金山尾頭橋名古屋枇杷島清洲稲沢尾張一宮木曽川岐阜西岐阜穂積大垣垂井関ヶ原柏原近江長岡醒ヶ井米原

【御殿場線】 国府津下曽我上大井相模金子松田東山北山北谷峨駿河小山足柄御殿場南御殿場富士岡岩波裾野長泉なめり下土狩大岡沼津

2004年4月27日
2005年10月12日、写真を追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲