新所原

しんじょはら Shinjohara

 写真準備中 

 

天竜浜名湖鉄道の分岐駅だが、現在ではレールは切られており、駅舎も別々になっている。ホームは2面3線で、跨線橋で連絡している。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1836年2月13日
新所原仮信号場設置。
1836年12月1日
停車場に格上げ、旅客および貨物の営業開始。あわせて、二俣西線の新所原-三ヶ日間開業。
1971年4月25日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年3月14日
国鉄二俣線がこの日かぎりで廃止、翌日より第三セクター遠州浜名湖鉄道に転換。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東海の駅となります。
2016年11月27日
橋上駅舎および南北自由通路供用開始[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR東海プレスリリース「東海道本線 新所原駅 橋上駅舎及び自由通路の供用開始について」 (2016年7月19日)。

このページの先頭へ