橋上駅舎化で大きく変貌

豊橋

とよはし
Toyohashi

写真準備中

名古屋近郊区間の東の限界と位置づけられているようで、名古屋を中心とした東海道線の列車は、ここから東になると本数が大幅に減少する。これには、平行する名鉄の競争力が強いという面もあるのだろう。

はじめて下車した当時は、飯田線および名鉄(改札内)の頭端式ホームに接して東側に駅舎が設けられ、東海道本線の島式2面4線が跨線橋で結ばれ、さらに東海道新幹線の対向式2面4線(うち2線は中線)が南側に位置しており、新幹線コンコースから西口に改札が設けられるという格好になっていた。現在は橋上駅舎となっており、比較的ゆったりとしたコンコースを擁しているが、列車が発着するたびに乗り換えの移動が大きい。

東側にはペデステリアンデッキが整備されており、豊橋鉄道の軌道線には階段またはエレベータを下りるだけでアプローチできる。

停車列車 [2010年2月現在]

確認中。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線…となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

国鉄最初の「民衆駅」(民間資本が入ることによって作られた駅)として、1950年4月に2階建ての2代目駅舎が完成した。1964年の東海道新幹線開業の際にも大きな変化はなかったが、手狭になったため1970年に改築され、さらに現在では橋上化されている。

周辺の見どころ

確認中。

【東海道本線】 熱海函南三島沼津片浜東田子の浦吉原富士富士川新蒲原蒲原由比興津清水草薙東静岡静岡安倍川用宗焼津西焼津藤枝六合島田金谷菊川掛川愛野袋井磐田豊田町天竜川浜松高塚舞阪弁天島新居町鷲津新所原二川豊橋西小坂井愛知御津三河大塚三河三谷蒲郡三河塩津三ヶ根幸田相見岡崎西岡崎安城三河安城東刈谷野田新町刈谷逢妻大府共和南大高大高笠寺熱田金山尾頭橋名古屋枇杷島清洲稲沢尾張一宮木曽川岐阜西岐阜穂積大垣垂井関ヶ原柏原近江長岡醒ヶ井米原

【東海道新幹線】 東京品川新横浜小田原熱海三島新富士静岡掛川浜松豊橋三河安城名古屋岐阜羽島米原京都新大阪

《乗り換え》名鉄-名古屋本線(同一構内)、豊橋鉄道-渥美線:新豊橋東田本線:駅前

2004年9月22日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲