海と山が迫った東海道の難所

蒲原

かんばら
Kambara
蒲原駅
▲蒲原駅駅舎《2004年4月3日撮影》

2面3線のほか、南側に待避線が設けられています。駅舎は上り線側の地上に設置されています。山がぐっと海側へとせり出しており、そこに国道1号線や東名高速道路などもひしめいているため、東西に走る人やモノの動きはすさまじい。東海道中の蒲原宿として栄えた街ですが、現在はひっそりとしています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

東海道線全通後に設置された駅です。

周辺の見どころ

コメント準備中。

▲ このページの先頭へ ▲