身延線との分岐駅

富士

ふじ
Fuji
富士駅
▲富士駅駅舎《2005年9月10日撮影》
富士駅貨物ホーム
【写真1】富士駅の北東側には、貨物ホームが健在です。《2005年9月10日撮影》

現在でも貨物列車が頻繁に出入りする駅で、駅の西側と南側には多くの側線が広がっています。

旅客ホームは、東海道本線が2面4線、身延線が1面2線、いずれも島式となっています。この2つが完全に分かれているのは、東海道本線が当初から国によって建設されたのに対して、身延線の前身にあたる富士身延鉄道が省線の富士駅に乗り入れるという形を取ったためです。

駅舎は橋上に設置されており、メインの出口は北口となっています。駅正面にはペデストリアンデッキが整備されています。

新幹線の新富士駅は、南東へ2キロほど離れたところにあります。

急流を下ってきた富士川のデルタに位置しており、もとは富士川の水運で発展してきましたが、現在は製紙・パルプ関連の工業が中心となっています。

新幹線の新富士駅は、南東へ2キロほど離れたところにあり、路線バスで連絡しています。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線…となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

両隣の吉原(開業時は鈴川)や富士川(開業時は岩淵)から20年以上遅れて開業しました。その後、1913年7月20日に富士身延鉄道が開業し、同社の本社もここに置かれます。1938年10月1日には同鉄道が国に借入られ、1941年5月1日に正式に買収されています。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

▲ このページの先頭へ ▲