JRと京急に駅舎が挟まれている駅

新子安

しんこやす Shinkoyasu
新子安駅
▲新子安駅駅舎《2004年11月5日撮影》

STATION PROFILE

工業地帯の中の駅

工業地帯の中にある駅で、京浜東北線の島式ホームが設置されています。ホームから地下道を通って改札口へ連絡する構造で、駅舎は東海道線と京急とに挟まれており、やや遠慮するような格好で建っています。さらに、京急の南側には、第一京浜国道と貨物線が走っており、産業地帯であることがうかがえます。

駅周辺は大きな道路や線路が多いうえに、地形の起伏も激しいため、歩道橋がさまざまな方向に向けて整備されているのが特徴です。北西側には「オルトヨコハマ」があるほか、住宅や学校なども立地しています。

停車列車 [2010年9月現在]

京浜東北線のみが停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

戦時中に設置された駅で、工場勤務の労働者用の駅として開設されました。1905年2月1日から1922年1月31日まで設置されていた、子安信号所とほぼ同じ位置にありましたが、隣接する新子安(現・京急新子安)と駅名をあわせたものと思われます。

  • 【1943年11月1日】 開業。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅になります。

周辺の見どころ

キリンビアビレッジ

駅から東へ徒歩12分。京急-本線:生麦を参照のこと(未記述)。

日産エンジン博物館【未訪】

駅から南東へ徒歩17分。コメント準備中。

《乗り換え》京急-本線:京急新子安

2004年12月3日(最終更新)

このページの先頭へ