東海道線に横浜線が合流

東神奈川

ひがしかながわ Higashikanagawa
東神奈川駅
▲東神奈川駅南口《2003年6月14日撮影》

STATION PROFILE

京急仲木戸駅と隣接

京浜東北線と横浜線とが分岐する地上駅で、駅舎は橋上に設けられています。京急仲木戸駅と隣接しており、連絡橋で結ばれています。上掲の写真は、京急との連絡橋上から撮影したもの。

横浜線は、基本的にこの駅が起点となっていますが、根岸線直通列車はここから京浜東北線に乗り入れていきます。

停車列車 [2010年9月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

横浜鉄道が1908年9月23日に開業した際に、東海道線にも駅が設置されたのが東神奈川駅。「東」を冠したのは、当時は神奈川駅があったためです。

  • 【1908年9月23日】 横浜鉄道により東神奈川-八王子間が開通し、官設鉄道との接続地点に東海道線東神奈川駅開業。
  • 【1910年4月1日】 横浜鉄道国有化、同線東神奈川駅は国有鉄道(内閣鉄道院)の駅に統合。
  • 【1959年3月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅になります。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》京急-本線:仲木戸

2004年12月3日(最終更新)

このページの先頭へ