芦屋駅の情報、写真、印象記(兵庫県:JR西日本-東海道本線)

急行線と緩行線の接続駅

芦屋

あしや Ashiya
芦屋駅
▲芦屋駅《2005年8月6日撮影》

 

地上に島式ホーム2面4線と、その外側に2線が設けられている駅です。新快速が停車するため、この駅で列車の乗り継ぎを行う人が多数います。

橋上駅舎は、駅ビル「モンテメール」と直結しており、駅改札正面付近の喫茶店や店舗のほか、駅北側に入っている大丸とつながっています。駅の北口にはペデストリアンデッキがのび、駅周辺に建つマンションなどと直結しています。

いっぽう、駅の南側には小ぶりな店舗がひかえめに軒を連ねています。

停車列車 [2010年10月現在]

新快速以下の各列車が停車します。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1-2.東海道本線上り 大阪、米原方面
  • 3-4.東海道本線下り 三ノ宮、神戸方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1910年3月29日
打出信号所設置。
1913年8月1日
駅名は「芦屋」となります。
1960年9月30日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR西日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ