クラシックホテルのような落ち着いた高架駅

神戸

こうべ Kobe
神戸駅
▲神戸駅北口《2016年7月3日撮影》

 

神戸駅中央コンコース
【写真1】天井の高いコンコースと太い柱のマッチングが好印象。コンコースはワゴン販売場と化しています。《2005年3月12日撮影》

“JR神戸線”と称される、大阪-神戸-姫路ルートの中間駅と化していますが、線路名称上では東海道本線の終点であり、また山陽本線の起点駅でもあります。

ホームは高架上にあり、島式ホーム2面4線のほか、北側にもホームが設けられており、3面5線となっています。ホーム下には、東海道本線の終点および山陽本線の起点であることを示すキロポストが埋め込まれています。改札口は長らく1個所のみでしたが、現在は姫路方面にも改札口が設置されました。

現在の駅舎は三代目にあたります。国鉄最初の高架駅のひとつとして1930年に開業したものが、手を加えられながら現在まで活用されています。戦前には貴賓室が設けられていました(現在も、駅構内の食堂内に残っています)。クラシックホテルを連想させる、格調の高い柱の造形など、きわめて手の込んだものになっており、神戸の玄関として重視されていたことがうかがえます。特に、駅の北側は、縦長の大窓がずらりと並んでおり採光がよく、高架駅特有の息苦しさがかなり抑えられています。1995年1月に発生した阪神・淡路大震災で被害を受けたものの、基幹部分への影響はありませんでした。

駅の北側は、ロータリーが整備されており、多様な商店や飲食店が入る地下街が、高速神戸駅まで連なり、その上にバスターミナルがあります。駅玄関にあるステンドグラスの大時計(直径1.7m)は、現在の駅舎になってからも変わらず時を刻んでいるといいます。

駅の南側は、1982年に廃止された湊川貨物駅跡地を再開発した一大商業施設「ハーバーランド」となり、買い物客で賑わっています。地上にはバスターミナルが整備されています。ただし、駅周辺ににょこにょこ建てられた新しい建造物のため、駅舎の外観を把握しにくくなっているのが残念です。

停車列車

確認中。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1.東海道本線上り 大阪、米原方面(通常は使用せず)
  • 2-3.東海道本線上り 大阪、米原方面
  • 4-5.山陽本線下り 西明石、姫路方面

駅名の由来

確認中。

歴史

大阪-神戸間に鉄道が開通した際に設置された、関西地区最古の駅のひとつです。

1874年5月11日
大阪-神戸間に鉄道が開通した際に開業。
1874年12月1日
貨物営業を開始。
1889年9月1日
山陽鉄道の神戸-兵庫間が開通、山陽鉄道が官設鉄道(内閣鉄道局)神戸駅で接続。
1906年12月1日
山陽鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省鉄道作業局)の単独駅となります。
1928年11月30日
湊川駅(貨物駅、現在は廃止)開設に伴い、この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR西日本の駅となります。

周辺の見どころ

湊川神社

駅北口から北へ、徒歩5分。阪神-神戸高速線:高速神戸をご覧ください。

その他

  • 第2回「近畿の駅百選」(国土交通省近畿運輸局)選定駅。

このページの先頭へ