小さな駅舎が傾いています

上古沢

かみこさわ
Kamikosawa
上古沢駅
▲上古沢駅《2011年1月9日撮影》
上古沢駅ホーム
【写真1】上古沢駅ホーム。《2011年1月9日撮影》

相対式ホーム2面2線からなる駅です。大きくカーブを描いている途中に設けられており、車両によっては乗り降りの際に足下に大きなスペースができることがあります。

上古沢駅に進入する電車
【写真2】上古沢駅に進入する電車。《2011年1月9日撮影》

駅本屋は下りホーム極楽橋方にあり、上りホームとの間は構内踏切で連絡しています。駅構内が狭く、単線となっている線路が分かれるポイントがこの構内踏切のすぐ脇にあります。

上古沢駅駅舎内
【写真3】上古沢駅駅舎内。《2011年1月9日撮影》

駅舎は木造平屋建、切妻屋根から小さな庇が伸びているオーソドックスなものですが、老朽化が著しく、ホームとは反対側に大きく傾いています。これは、例えば床にビー玉を置くとわかるというレベルではなく、駅の外に出ただけで、目視で傾きがわかるというもの。そのせいか、ホームの反対側には、支えとなる木が寄せられています。

駅からは、眼下に集落が広がっているのが見えますが、隣の下古沢に比べると小さく、また駅からの距離もそれなりに離れています。駅前には、軽乗用車なら通れる程度の細い道路が、簡易舗装ながら通じており、コンパクトカーでの送迎ならなんとかなりそうです。

停車列車 [2011年3月現在]

特急および観光列車「天空」以外の各列車が停車します。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

駅名の由来

確認中。

歴史

高野山電気鉄道開通当初からの駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【高野線】 汐見橋芦原町木津川津守西天下茶屋岸里玉出帝塚山住吉東沢ノ町我孫子前浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥白鷺初芝萩原天神北野田狭山大阪狭山市金剛滝谷千代田河内長野三日市町美加の台千早口天見紀見峠林間田園都市御幸辻橋本紀伊清水学文路九度山高野下下古沢上古沢紀伊細川紀伊神谷極楽橋

2011年8月21日

▲ このページの先頭へ ▲