駅の正面には急な階段

紀伊細川

きいほそかわ
Kiihosokawa
紀伊細川駅
▲紀伊細川駅駅舎《2011年1月9日撮影》
紀伊細川駅ホーム
【写真1】紀伊細川駅ホーム。この駅もホームがカーブを描いています。《2011年1月9日撮影》

高野下から続いている、谷間の中に少し開けた部分に設けられている駅です。この駅も急カーブ上に設けられており、ホームに立つと、レールが弧を描いているのがわかります。

相対式ホーム2面2線から成る交換可能駅で、駅本屋は上りホーム中ほどにあり、下りホームとの間は極楽橋方にある構内踏切で連絡しています。なお、駅舎から構内踏切までをダイレクトに結ぶスロープが設置されています。駅構内には庭がありますが、少し荒れていました。

紀伊細川駅駅舎内
【写真2】紀伊細川駅駅舎内。いささか場違いな自動改札機と、小さな窓口が好対照。《2011年1月9日撮影》

ごく小規模な駅ですが、それでも駅員が配置されており、列車が到着すると駅員が出迎えます。駅舎内には自動改札機が置かれていますが、この駅にはいささか場違いな感もあります。駅舎内には数多くのポスターやパンフレットが置かれており、窓口周辺が掲示板と化しているさまは、まさにローカル線ならではのものといえましょう。

駅舎内で改札口と反対側、すなわち南側には大きなガラス窓が多用されており、木造駅舎としてはかなり採光がよく、内部にいても暗さを感じさせません。

駅舎は木造平屋建てで、屋根はトタン葺きになっています。駅舎の正面を出ると、すぐに急な下り階段になるため、駅舎の全景写真を平面から撮るのはほぼ無理です。

紀伊細川駅駅舎を下側から望む
【写真3】紀伊細川駅駅舎を下側から望む。《2011年1月9日撮影》

駅前には、正面右側に車の通れる細い道が通じています。いっぽう左側には急な階段を通り、畑の中を降りていく通路もあります。

駅から少し離れたところには、それでもパラパラと家が建っているのが見えますが、ここでいったいどんな生活をしているのだろうか、とも思ったものです。この駅は国道からも背を向けるような位置にあり、駅へのアプローチはいささかたいへんです。

停車列車 [2011年3月現在]

特急および観光列車「天空」以外の各列車が停車します。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

駅名の由来

確認中。

歴史

高野山電気鉄道開通当初からの駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【高野線】 汐見橋芦原町木津川津守西天下茶屋岸里玉出帝塚山住吉東沢ノ町我孫子前浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥白鷺初芝萩原天神北野田狭山大阪狭山市金剛滝谷千代田河内長野三日市町美加の台千早口天見紀見峠林間田園都市御幸辻橋本紀伊清水学文路九度山高野下下古沢上古沢紀伊細川紀伊神谷極楽橋

2011年8月21日

▲ このページの先頭へ ▲